Work 実績紹介

ローマイヤ

LOHMEYER

プロジェクト概要

ローマイヤは1921年、アウグスト・ローマイヤ氏によって創業され、質の良いロースハムづくりを始めた。その後高級なハムのブランドとして成長。2000年には食肉、食肉製品、食品の大手、スターゼン株式会社と資本提携を行い、2005年には子会社としてスターゼングループの傘下に入った。 ブランディングは、2006年、古くて歴史あるブランドを継承しながら、それをより一層輝かせるとともに、社員の士気向上を狙って導入された。同年11月には、銀座8丁目に新たにローマイヤレストランをオープン、ブランド発信の場ともなっている。グラムコは、ブランドコンセプトの精査から着手し、伝統を踏まえたブランドロゴの改訂、エンブレムの開発、和文ロゴの開発、さらにインターナルブランディングのツールとなるブランドブックの作成も行った。