資料請求・お問い合せ

実績紹介

千疋屋総本店

前の作品次の作品
  • ../user_data/page/image/img_db/20140114142610sembikiya_del_01.jpg
  • ../user_data/page/image/img_db/20140114142610sembikiya_del_03.jpg
  • ../user_data/page/image/img_db/20140114142610sembikiya_del_04.jpg
  • ../user_data/page/image/img_db/20111102172245del_sembiki_7.jpg
  • ../user_data/page/image/img_db/20111102172259del_sembiki_8.jpg
  • ../user_data/page/image/img_db/20111111102255del_sembiki_9.jpg
  • ../user_data/page/image/img_db/20140110162412del_sembiki_10.jpg
概要

170年余の伝統を誇るフルーツの老舗、千疋屋総本店。東京日本橋に本店を構え、関東を中心に高い認知を獲得していたが、21世紀に入り新たな成長への道筋を模索していた。今回のブランド導入によりさらに付加価値を高め、若年顧客層の吸引とともに紅茶やワイン、食品、菓子などの周辺業態を強固なものにした。シンボルマークは、収穫の女神「デーメテール」。昭和46年導入以来ほとんど使用されてこなかったものをリファインし、千疋屋の頭文字「S」にデーメテール神の横顔を組み合わせ、全ての果実を象徴する葉のかたちに収めている。グラムコは店舗、パッケージなど全てのアイテムを手がけた。2005年秋、新店舗(本店)が三井タワーにオープン、順調に売上を伸ばしている。

お問い合せ 資料請求 ページのトップへ