Work 実績紹介

ザ・キャピトルホテル 東急

THE CAPITOL HOTEL TOKYU

プロジェクト概要

2010年10月オープンの「ザ・キャピトルホテル 東急」のブランディングプロジェクト。
外資系ホテルの出店が相次ぐ中、独自性の高いブランドアイデンティティの開発が求められた。
シンボルマークは、永遠に再生、進化をし続けると言われる「鳳凰」。これはブランドビジョンである「不易流行」を象徴しているとともに、鳳凰が平安を象徴する霊鳥とも言われていることから、心からの和らぎを約束するホテルの姿勢をも映し出している。
グラムコは、コンセプトの策定から、VIおよびブランドスタイル開発、アプリケーションアイテムデザイン、さらにインターナルブランディングなどトータルにサポートしている。