資料請求・お問い合せ

グラムコとは

キースタッフ紹介

グラムコには、ブランディングに関わる各分野のスペシャリストが揃っています。
このページでは、ブランドコンサルティングユニット(BCU)、ブランドプランニングユニット(BPU)、ブランドデザインユニット(BDU)のキースタッフが、それぞれの立場から、各分野における仕事への取り組み姿勢をお伝えします。

山田 敦郎
代表取締役社長/エグゼクティブディレクター/エグゼクティブコンサルタント

ブランド戦略は「3.0」の時代
東京、上海、北京に独自拠点と海外提携ネットワークを有するグラムコグループは、日本最多の経験を持つブランディングファームです。四半世紀の間に200社以上のクライアントを補佐してきました。
調査・分析を伴う商品・事業開発を支援したり、店舗等の空間設計やウェブのチームがあるので、ブランディングに関するほぼすべてがご提供できます。

ブランド構築にも潮流の変化が見られますが、現在は「ブランディング3.0」の段階です。多くの企業にとってブランディングは当たり前のものになり、それに伴って手法が非常に高度化してきました。

私たちが独自に取り組んでいるブランドスタイルマネジメントも高度化手法の一つです。今後は顧客視点だけでなく、社会視点で共感が得られるブランディングが求められます。(詳しくは映像をご覧ください。)

サムネイル 戻る 次へ

西原 行徳
取締役/シニアプランニングディレクター

クリエイティブなブランディングアプローチ
ブランディングは常にクリエイティブであるべきです。その対象はコーポレートでも事業でも同様です。グラムコは、25年の歴史で培った独自の手法を駆使して、ブランドと人々との間で共有されるべき価値やビジョンを、鮮明かつ印象的に伝えて行くお手伝いをします。

ブランドの印象が決定付けられる瞬間とは、巨大な広告や看板を見上げた瞬間から、お店に入って「いらっしゃいませ」と言われる瞬間、あるいはメールやポストカードが手元に届いた瞬間までと、多岐に渡ります。そして、その多くは、クライアントの気付かない間であることが殆どです。

私たちのアプローチは、ブランドのパーソナリティを熟知したプランナーとデザイナーがつねに議論を重ねがなら、各接点におけるその「ブランドらしさ」を論理的・創造的に体現していきます。頭の先からつま先まで、どこを取っても「らしさ」が感じられる、期待を裏切らないブランドがあったらファンはもっとワクワクする…、そんな想いが私たちの原点にあります。(詳しくは映像をご覧ください。)

サムネイル 戻る 次へ

清水 一男
コンサルティングディレクター

ブランディングで、日本を元気に
日本を元気にするために、私たちグラムコにも何かできるはず。この思いからプロジェクトは立ち上がりました。
それは、中堅中小企業様のブランディングをサポートするプロジェクトです。
日本を元気にするためには、約3万社あまりある日本企業の一つひとつを元気に、そこで働く社員一人ひとりを元気し、その輪を広げていくことが重要だと考えました。

私たちグラムコは、従業員数三十万人を超えるグローバル企業から、三十名の個性的なビジョンと独創的な技術を持つ中堅中小企業まで、しっかりとサポートさせていただき実績をあげてきたことを誇りに思っています。
私たちグラムコの仕事にお客さまの規模による大小はございません。
けれど、ブランディングにかける思いの大きさは必ず結果として表れるのも事実です。私たちが常に心掛けていることは、お客さまを上回る情熱を持って、そしてブランドを共に創り育てていくことです。

日本を元気にするために、中堅中小企業様のブランディングを真剣勝負でお手伝いさせていただきます。

サムネイル 戻る 次へ

的井 竜男
プランニングディレクター/アーキテクチャルディレクター

中国におけるブランディングの重要性
グラムコはアジアでナンバーワンのブランディングファームを目指して、2004年に上海に進出し、2006年には北京にも分公司を設立しました。上海・北京ともに日本で教育研修を受け、日本語にも長けた専門スタッフを配置しています。

東京から上海・北京までは飛行機でおよそ3時間です。私たち東京スタッフは国内出張と変わらない感覚で現地に足を運び、日中で常に緊密な連携を取り合うことで、日本と同様のワンストップで、クオリティの高いサービス提供に努めています。中国でのお客さまは、日系企業をはじめ、中国現地の大手企業も増えつつあります。

中国市場は規模も、文化も、人々の生活も日本と極めて異なるマーケットです。日本で成功しているブランドが中国でも成功するとは限りません。中国に進出する際は、現地のマーケティングに基づいたコンセプトの見直しが求められます。

世界最大のマーケット、中国。中国での成功なしに真のグローバルブランドにはなり得ません。まずは中国の市場を知って頂くところからお手伝いしたいと思っています。

サムネイル 戻る 次へ

加藤 正巳
シニアアートディレクター/執行役員

ブランドデザインに対する姿勢
VI(Visual Identity)の開発というのは、ただ、格好いいロゴやシンボルマークを創る、ということではありません。
ブランドコンセプトを踏まえ、さらに現状のロゴの展開がどのような場面でどのような形で行われているか把握した上で(視覚監査といいます)、最適なデザインを開発していくことが求められています。

デザインにあたっては、時代に風化しないもの、そしてディテールまで細心の注意を払い、細密に作り込んだものを開発するようにしています。そのカーブは流麗か、ロゴの「各々の」部分は美しく繋がっているか、全体のバランスはよいか、選定した色は視認性・再生性を担保しているか、スローガンなどの他の要素との組み合わせはうまく出来ているか、何よりも誇りをもって社員の皆さんに馴染んで戴けるか、丹精込めて丁寧に作り込んでいます。シンボルをアイコンと呼ぶことがあるように、シンボリックなアウトプットは、まさにその企業や事業の精神性の象徴です。

多くの意味を包含しながら、観る人に感動を与えられるブランドシンボルの開発を、グラムコは心をこめてデザインしています。

サムネイル 戻る 次へ

山崎 理永
アートディレクター

クライアント独自の世界観を構築
ブランドマークが企業ごとに違うようにブランドの世界観も企業ごとに違います。
私たちは、ブランドマークやツール類、さらにコミュニケーションの指針まで、一貫した世界観を作り守っていくサポートを致します。
それには全く新しい概念で社内開発したブランドスタイルコントロールという手法を使って進めていきます。その際、コンセプションの初期段階からデザイナーが参加しますので、コンセプトをより明快にデザインへ反映することが可能となっています。
進め方は、はじめにイマジンカードを使ったイマジンセッションなどを通して、社内が納得しコンセンサスが取りやすい手法でデザインのキーワードを決定します。次にツール等で使用するビジュアル(写真)の選定基準や専用のカラーパレット、推奨書体の選定など、運用しやすいルールを決めていきます。そして最後にそれらをまとめたスタイルガイドというルールブックを作成します。
私たちはブランドスタイルコントロールを使った多くの実績によるスキルで、その企業独自の世界観を創り上げていきます。

サムネイル 戻る 次へ

木村 百合子
アートディレクター

ブランドの想いを伝える商品パッケージ
お客様に選ばれつづける商品になるために商品は作り手とお客様とをつなぐ重要な接点です。
パッケージは商品の一部として大切な役割を担います。品物を大切に運ぶ手段でもあり、商品の物語を伝える演出でもあります。

デザイン提案にあたってはクライアントの想いを聞き、お客様の目線で話をすることを心がけています。そうすることで、全体を見ながら本質的な課題解決につなげていきます。ときには商品の開発をサポートすることもあります。

どうすれば想いをお客様に伝えられるか。どうしたら現場の事情やコストを考慮しながら、より機能的にできるか。私たちは、課題を多面的に捉え、デザインをご提案しています。お客様に愛される、息の長いブランドになるようにとの想いがあるからです。

サムネイル 戻る 次へ

王 俐然
グラムコ上海/総経理

継続こそブランドなり
ブランドは企業の最も重要な資産です。中国においても最近メディアなどで、「ブランド(品牌)」という言葉をよく見かけるようになりました。グラムコ上海へのブランディングに関する問い合わせも、有難いことに続々と戴いています。
ブランドは、有名人を起用して莫大な広告を投下するだけでは創れませんし、ブランドロゴを一新し、会社のパンフレットのデザインをリニューアルするだけでも、根本的な問題の解決にはならず、ブランド力にはなり得ません。
そこでまず、徹底した市場環境調査や競合調査、顧客調査など一連のリサーチを行い、ブランドコンセプトを明確にしたうえで、視覚化作業に落とし込むのが第一歩となりますが、さらに、導入後のトラッキング調査や、環境変化に伴う戦略の見直しなど、継続したブランディング活動を行うことこそ、生命力を持った真のブランドを確立することにつながるのです。

毛沢東の残した名言に、「最後までやり通してこそ、成功に至る」(堅持到底,就是勝利)があります。ブランド構築のプロセスも長期間を要しますが、私たちグラムコ上海もそれをモットーとして、ブランドの胎動期(準備期間)から、幼児期(設立)、青年期(安定)、成人に至るまで(成功)一貫して、永く企業の良きパートナーとして傍らに控え、それぞれの時期にあったサービスを提供し、必ず成功へと導くことをお約束します。

サムネイル 戻る 次へ

廖 芃
グラムコ上海 北京支社/総経理

Branding + Interior Design
店舗空間は、企業や製品とお客様の間にある一番身近な接点です。

ブランディングの行き届いた店舗は居心地の良い空間を創り、製品を販売するだけではなく、企業及び製品の理念や世界観を消費者たちに伝えるという重要な役割を担っています。私たちはスペースブランディングの視点から、企業のDNAや魂が感じられる空間デザインを提供しています。

特に、高度経済成長期の真最中にある中国では、何事もスピード優先です。それだけに、企画期間より実施時期を優先するケースが散見され、結果完成度という点からは問題のありそうなプロジェクトを多く目にするのは残念なことです。

そこで私たちグラムコ北京分公司は、空間からの強力なブランド発信を目指して、クライアントの皆様のご理解とご満足を戴けるよう日々努力しています。そこには常に、ブランディングのプロフェッショナルとしての視点と、日本のファームならではの品質の提供があります。
私たちは、中国というポテンシャルのある市場の中で、クライアント企業の皆様を必ず成功へと導くことをお約束します。

サムネイル 戻る 次へ

お問い合せ 資料請求 ページのトップへ